古代小麦で仕込む白醤油&米粉うどん作り


白醤油というと関東ではあまり馴染みが少ないかもしれませんが、

和食料理に欠かせない白だし


白だしは、昆布や鰹で取った出汁に白醤油や薄口醤油とみりんや塩を合わせて作ったものです。

市販の白だしには、化学調味料や保存料が含まれている物が多いですが、白醤油があれば無添加の白だしを簡単に作ることができます。


長期熟成の濃口醤油と違い、白醤油は3カ月程度で完成します。


また、使用する小麦麹は、スペルト小麦という古代小麦を使用します。

品種改良を重ねられた現代小麦に比べ、古代小麦はアレルギーの発症率が低いと言われています。(種おこし作業はこちらで致します。)


古代小麦麹で作る白醤油は、琥珀色でほんのり甘く独特な香りがあります。

色が付かないため、素材を一層美味しく引き立ててくれます。

お吸い物やおでん、炊き込みご飯、茶わん蒸しなど、さまざまな料理にご活用ください。


醤油仕込みの後は、ご一緒に米粉でうどんを作りませんか?

小麦粉の麺ではないため、生地を寝かせる必要がなく短時間でもちもちの麺が完成します。

古代小麦白醤油で作った白だしでお召し上がりください。


発酵調味料作りや米粉にご興味のある方、お申込みお待ちしております!

※大豆を入れませんので正確には小麦醸造調味料となります。



開催予定は「発酵教室のお知らせ」でご案内させていただきます。


開催時にお知らせメールをお送りしております。

ご希望の方は こちらのフォーム にお申込みください。



3名様以上で開催リクエストも承ります。お問合せください。

HAKOMEKO

東京大田・世田谷区 発酵とグルテンフリー米粉パン教室

0コメント

  • 1000 / 1000